徳島県那賀町 Present’s 木頭(きとう)ゆず

鮮やかな純黄色・豊かな香り 徳島県那賀町 木頭(きとう)ゆず

木頭ゆず発祥の地

木頭ゆずの産地である那賀町は、平成17年3月1日、鷲敷町・相生町・上那賀町・木沢村・木頭村の丹生谷(にゅうだに)5町村の合併により誕生しました。

徳島県の南部に位置し、地域の北西部には四国山地、南部には海部山脈などを配しており、標高1000メートル以上の山々に囲まれ、地域の9割以上が森林の中山間地域です。

なかでも、木頭ゆず発祥の地として知られる木頭地区(旧木頭村)のある那賀町は、県下一のゆず産地です。

剣山を主峰に連なる緑豊かな山々と清流那賀川が生み出す自然環境がほのかな甘みのある、香り豊かな木頭ゆずを育み続けています。

木頭ゆず発祥の地

徳島県那賀町で今年収穫した今が旬の「木頭ゆず(秀品)」をお届けします!

徳島県那賀町木頭ゆず

徳島県那賀町木頭ゆず 皮・実・果汁まるごと余すとこなく味わうことができます。木頭ゆずの鮮やかな色合いと香りをお楽しみください。

販売終了いたしました ご好評をいただきありがとうございました。

まるごと味わう木頭ゆず

木頭ゆずの魅力は、「鮮やかな色合い」と「香りの豊かさ」です。 いつもの料理に加えるだけで、料亭のような高級感漂う風味が加わります。

・皮をきざんで…お吸い物、浅漬け、お菓子作りに。・果汁を搾って…冷や奴、焼き魚、お酒の割り材、酢の物に。・ゆず釜にして、料理の彩りにもどうぞ。・お鍋のつけ汁に入れてゆずの香りを楽しめます。

冬の時期にゆず果汁とはちみつを合わせたホットドリンクとしても使用でき、お風呂に浮かべてゆず湯にもどうぞ。
自然に恵まれて育った木頭ゆずは皮、果汁、余すところなく味わえます。

まるごと味わう木頭ゆず

木頭ゆず生産のあゆみ

昭和35年頃に木頭ゆずの青果出荷を開始しましたが、当時は栽培技術について確立できておらず、手探りの状態でした。

また、ゆずの樹はトゲが多く、そのトゲが実に触れることで傷つき青果として評価を受けるのが難しいとされていました。

しかし、長い年月をかけた品種選抜の実施、貯蔵技術の確立を当時の生産者の努力により、トゲが少なく純黄色で優れた品質と言われる現在の「木頭ゆず」が生まれています。

木頭ゆず生産のあゆみ

「木頭ゆず食文化振興協議会」設立

平成24年11月8日に、那賀町・徳島県・阿南農業協同組合・イオンリテール株式会社の間で、「木頭ゆず食文化振興協議会」を設立、趣意書締結を
行いました。

今後は、那賀町で生産される木頭ゆずが有する潜在的な魅力を高め、新たな価値を創造し、提案することで産地振興及び地域経済の活性化に協働して取り組んでまいります。

「木頭ゆず食文化振興協議会」設立

木頭ゆずを使ったレシピをご紹介します!

郷土料理「かきまぜ」
材料 米 2合
【具】
干し椎茸(水に戻して細かく切る)3枚 / にんじん(千切り)1/2本
ごぼう(ささがき)小1/2本 / こんにゃく(拍子木切り)1/3枚
油揚げ(油抜きし細かく切る)2枚
【煮汁】
だし汁 200cc(しいたけの戻し汁含む) / みりん 大さじ1/
砂糖 大さじ2 / しょうゆ 大さじ2 / 
【合わせ酢】ゆず果汁 40cc / 塩 6グラム
※甘みのある、香り豊かな木頭ゆずを使用するため、
砂糖は使用しません。
作り方 【1】細かく切ったにんじん以外の具を煮汁に入れ、落としぶたをし、じっくり煮る。柔らかくなったところで、にんじんを加え、ふたをして、ひと煮したらざるに上げて汁気を切っておく。
【2】米はかために炊き、すし桶にあけて、会わせ酢を回しかけ、全体にまわるように手早く切るように混ぜる。
全体に酢がなじんだら、具を加えてさっとまぜて、できあがり。
柚子龍包(ゆずろんぽう)
材料 ゆず 4玉 / 豚ミンチ 200g / 塩 小さじ1 鶏ガラスープ 100cc
むき海老 200g / 酒 大さじ2 / 粉末ゼラチン5~8g 背油ミンチ 100g
胡椒 少々 / シュウマイまたは餃子の皮4枚
【タレ】
針しょうが 適量 / しょうゆ 適量 / ゴマ油 大さじ2
作り方 【1】ゆずは上部をカットして中身をくりぬく。
底も少しカットすると安定する。中身は搾り果汁に。
【2】鶏スープと粉末ゼラチンを混ぜ、ゼリーを作る。
【3】むき海老は包丁で叩き、豚ミンチ、背油ミンチ、塩、酒、胡椒をボールに入れて粘りが出るくらいまでしっかりこねる。ゴマ油を加えてさらにしっかりこね、冷蔵庫で1時間程度寝かせる。
【4】くり抜いた1にあんを詰め、切り目を入れたシュウマイの皮をのせ、強火で10~15分蒸す。
【5】ゆず果汁、しょうゆを合わせたタレとしょうがを添える。
ページの先頭にもどる