長野県 高山村 Present's 信州高山さわやかりんごを育てる人たち

シャリッとかじると、口いっぱいに広がるりんごの甘さと香り。「信州高山さわやかりんご」の美味しさは、高山村の恵まれた自然と、りんご農家さんの情熱によって育まれています。

信州高山村の自然を生かしたりんごづくり

信州高山村の自然を生かしたりんごづくり

美味しく育ったりんごを手に笑顔がこぼれる、りんご農家の善哉久治さん・けさ代さんご夫婦。信州高山さわやかりんごは甘い蜜たっぷり、みずみずしく柔らかな果肉が特長。その味わいの秘訣は「高山村の気候や自然を生かすりんごづくり」にあると語ります。

美味しいりんごづくりの条件を満たす恵まれた自然環境

美味しいりんごづくりの条件を満たす恵まれた自然環境

美味しいりんごを育てるのは「寒暖の差」。あったかい陽差しが立派なりんごの体格をつくり、夜の寒さが果肉に蜜をため込ませます。寒冷な北信州に位置し、村全体が傾斜地で陽あたりのいい高山村は、りんごをおいしくする最適の条件にめぐまれているのです。

自然に従うと、りんごも人も土地も元気になる

自然に従うと、りんごも人も土地も元気になる

高山村では村をあげて美味しいりんごづくりに取り組んでいます。家庭ごみや畜ふんを肥料に使い、農園の地面に草を植えて土地のたい肥化を進めることで、土の力を飛躍的に向上させました。またフェロモンを利用した虫よけを使い、農薬を減らす工夫も。「食べる人もつくる人も元気になる農業が一番」と善哉さんは語ります。

りんご農家さんが教える美味しいりんごの見分け方

りんご農家さんが教える美味しいりんごの見分け方

美味しいりんごの見分け方を善哉さんに教えてもらいました。「りんごは色よりも“尻”。お尻の花収まり(凹んでいる部分)がキュッと締まって、果肉の付き方のバランスが美味しいりんごです」そう言って見せてくれたりんごは、ほら、蜜たっぷりで美味しそう!

ページの先頭にもどる

その他のコンテンツ

  • アイスワイン「雪木花」TOP
  • 信州高山村を訪ねて
  • アイスワイン「雪木花」誕生物語

その他のおすすめ商品

  • 桜島大根
  • 種子島安納いも
  • 湯浅なす